光コラボレーションとは、どんなサービスでメリットがあるのか?

【 光コラボレーションについて 】

より詳しい解説が必要な内容、例えばセット割ついてなどは、
個別記事を用意しています。リンク貼っておきまのでご覧ください。

 

■光コラボレーションってなに?

NTT東・西日本が提供しているフレッツ光はご存知ですよね。
そのフレッツ光を、たとえば携帯キャリアのsoftbankやdocomoであったり、
インターネット接続プロバイダのso-netやOCNなどが、フレッツ光回線を買い受け、
自社サービスと組み合わせ付加価値をつけて販売しているのを、
一般的に光コラボレーションと呼んでいます。

光コラボレーション提供企業一覧はコチラで確認できます >>

 

■どんな組み合わせがあるのか?

光コラボレーションが注目されている理由は、月額料金が
フレッツ光と比べて若干低く設定されていることもありますが、
なんと言っても最大のメリットは、スマートフォンの料金が安くなることです。

あるキャリアのスマートフォンを使っている人が、
指定された光回線を一緒に契約していると、スマートフォン料金から
毎月一定額の割引が受けられます。これがセット割と呼ばれるサービスです。

各社のセット割について詳しい内容はコチラ>>

■なぜ始まったのか?

光コラボレーションの始まりの発端は、NTTがセット割を始めたかったからです。

現在では民間企業であるNTTですが、その昔は電電公社という名称の国営企業でした。
同業他社と比較にはならないレベルの通信インフラ(設備)と資金力をもっているため、
NTT(グループ)が通信業界の市場を独占するのは当然です。

そこで、au(KDDI)やsoftbankなど、他社の事業拡大を妨げる危険があるので、
国(総務省)は極力フェアな状態で競争を図れるためNTT法によって、NTTが展開できる
事業範囲を制限されています。セット割りもNTT法による制限で始められなかった。

「では、なぜ今になって出来ようになったのか?」
NTTとしてフレッツ光を販売して、ドコモ契約者とのセット割を組むことは
先ほどから言っているNTT法がネックになっているので出来ない。
だから、フレッツ光回線自体をドコモへ卸売りして、買い受けしたドコモが
独自ブランド(ドコモ光)を販売。そこにセット割を組み込んだという流れです。

法を掻い潜った、若干裏ワザ的な手法ですが、回線自体をNTT本体から手放すことで、
セット割サービスを開始できるようにしたわけです。

光コラボレーションはドコモ光だけではありません。
softbank光やso-net光なども存在している。ドコモだけに卸売りすると、
それもまた公平さに欠けるため、業種とわず各企業が参加できる仕組みになっています。

光コラボレーション提供企業一覧はコチラで確認できます >>

まとめ

つまり、光コラボレーションとはNTTが事業拡大を目指した結果
開始されたサービスであって、私たちユーザーのことを100%考えて
提供されている光回線ではない、という事がわかります。

しかし、結果的には、スマートフォン・ネット代を安くできるメリットがある。
また、これまでは、光回線といえば、フレッツ光かauひかり(その他一部回線)の
狭い範囲でしか選べなかったわけですけど、光コラボレーションの開始により
様々な企業の、オリジナリティある回線から選択できるのも最大のメリットです。

いま使っているスマートフォンを基準に選ぶ、でもいいですし、
とにかく月額料金の安い回線と契約するでもいいと思います。

自分に合った光ココラボレーションを、是非探してみましょう。

あなたにピッタリな光コラボレーションは?

格安スマホとのセット割

アウンカンパニー固定バナ

タグ